PR

開発会社が選ぶWordPressレンタルサーバー19社比較とおすすめ3選

制作依頼したホームページの内容を確認するキャリアウーマン レンタルサーバー

WordPressを始めるサーバー選び。もう迷わない。

大分県宇佐市でシステム開発やホームページ制作をする株式会社ファイナイトフィールドです。日頃からサーバーを使う開発会社として、レンタルサーバー19社を厳選しました。各サーバーの特徴を解説します。

さらに、その中でも「ここを選べば大丈夫!」とおすすめできる3社を紹介します。サーバー選びで迷っている人も、記事を読み終えれば、きっと今日からWordPressのホームページを始められるはずです。

WordPressが使えるレンタルサーバー19社比較

サーバー特徴初年度の費用
サーバー代ドメイン代・事務手数料
ConoHa WING簡単で始めやすい11,292円
エックスサーバーサポートと安定感10,560円
ロリポップ!品質と安さの両立5,016円
iCLUSTA+法人向けで安い21,550円
ムームーサーバーサーバーとドメインの一括管理14,300円
お名前.comレンタルサーバードメイン取得の最大手5,335円
ラッコサーバーサイト売却がスムーズ5,280円
カラフルボックス地域別バックアップ7,656円
さくらのレンタルサーバサーバー容量の有効利用9,390円
リトルサーバー断トツ安い2,992円
バリューサーバー大手なのに格安3,060円
コアサーバー品質と安さの両立3,918円
スターサーバーまぁまぁ安い4,280円
シンレンタルサーバー大手なのに安い5,280円
ヘテムルリスク分散の安心感23,599円
mixhost海外に強い13,244円
カゴヤ・ジャパン稼働率が高い5,280円
シンクラウド for Free無料なのに広告なし1,180円
XREA無料なのにサポート付き750円

万人向けなWordPressが使えるおすすめレンタルサーバー3選

「結局のところ、おすすめなサーバーはどれ?」と思われたら、この3社のサーバーを使ってください。

難しい設定なしで今すぐホームページ・ブログを始めるなら「ConoHa WING」

  • 初期事務手数料: 無料
  • サーバー代: 12ヶ月契約 月額941円
  • ドメイン代: 3ヶ月以上の契約で契約中無料
  • 転送量: 無制限
  • 容量: SSD300GB

年間11,292円でホームページを持てます。

丁寧なサポートと安定したサーバーで安心運営を目指すなら「エックスサーバー」

  • 初期事務手数料: 無料
  • サーバー代: 12ヶ月契約 月額880円
  • ドメイン代: 契約中無料
  • 転送量: 無制限
  • 容量: NVMe SSD300GB

年間10,560円でホームページを持てます。

品質と安定感を優先しつつコストも下げたいなら「ロリポップ!」

  • 初期事務手数料: 無料
  • サーバー代: 12ヶ月契約 月額418円
  • ドメイン代: 契約中無料
  • 転送量: 無制限
  • 容量: SSD350GB

年間5,016円でホームページを持てます。

特徴のあるWordPressが使えるレンタルサーバー15社

それぞれのサーバーは、使ってほしいユーザーが違います。ですから、一概に「このサーバーが一番ですよ」というのは難しいんです。それで、それぞれのサーバーの特徴をここで解説しました。気になるサーバーがあれば、まずはお試ししましょう。

中小企業が手頃な価格で始めやすい「iCLUSTA+」

  • 初期事務手数料: 5,000円
  • サーバー代: 月額1,130円
  • ドメイン代: 2,255円
  • 転送量: 無制限
  • 容量: SSD300GB

1年目は21,550円でホームページを持てます。

サーバーとドメインを一括管理できる「ムームーサーバー」

  • 初期事務手数料: 無料
  • サーバー代: 月額1,430円
  • ドメイン代: 無料
  • 転送量: 無制限
  • 容量: SSD 500GB

1年目は14,300円でホームページを持てます。

すでにお名前.comでドメインを使っているなら「お名前.comレンタルサーバー」

  • 初期事務手数料: 無料
  • サーバー代: 444円(2年目以降は1,078円)
  • ドメイン代: 無料(.comをお名前.comで取得)
  • 転送量: 無制限
  • 容量: SSD400GB

年5,335円でホームページを持てます。

将来のサイト売却を見据えた「ラッコサーバー」

  • 初期事務手数料: 無料
  • サーバー代: 月額440円
  • ドメイン代: 無料
  • 転送量: 6TB/月
  • 容量: SSD100GB

1年目は5,280円でホームページを持てます。

セキュリティとバックアップが充実した「カラフルボックス」

  • 初期事務手数料: 無料
  • サーバー代: 638円
  • ドメイン代: 無料(12ヶ月以上契約)
  • 転送量: 6TB/月
  • 容量: SSD150GB

年7,656円でホームページを持てます。

豊富なストレージを無駄にしない「さくらのレンタルサーバ」

  • 初期事務手数料: 無料
  • サーバー代: 12ヶ月契約 月額550円
  • ドメイン代: 2,790円(さくらのドメインで.com取得)
  • 転送量: 無制限
  • 容量: SSD300GB

年9,390円でホームページを持てます。

最小限のコストで始めたい「リトルサーバー」

  • 初期事務手数料: 1,012円
  • サーバー代: 165円
  • ドメイン代: 無料(.comをムームードメインで取得)
  • 転送量: 30GB/日
  • 容量: SSD NVMe20GB

年2,992円でホームページを持てます。

大手ながら格安な「バリューサーバー」

  • 初期事務手数料: 無料
  • サーバー代: 12ヶ月契約 月額193円
  • ドメイン代: 750円(バリュードメインで.com取得)
  • 転送量: 無制限
  • 容量: SSD25GB

年3,060円でホームページを持てます。

高性能サーバーを低価格が魅力的な「コアサーバー」

  • 初期事務手数料: 無料
  • サーバー代: 12ヶ月契約 月額264円
  • ドメイン代: 750円(バリュードメインで.com取得)
  • 転送量: 無制限
  • 容量: SSD200GB

年3,918円でホームページを持てます。

けっこう安い「スターサーバー」

  • 初期事務手数料: 無料
  • サーバー代: 12ヶ月契約 月額275円
  • ドメイン代: 980円(スタードメインで.com取得)
  • 転送量: 1.5TB/月
  • 容量: SSD160GB

年4,280円でホームページを持てます。

大手ながらコストを抑えた「シンレンタルサーバー」

  • 初期事務手数料: 無料
  • サーバー代: 440円
  • ドメイン代: 無料
  • 転送量: 無制限
  • 容量: 無制限

年5,280円でホームページを持てます。

アクセス増加でもリスク分散サーバーでメールを守り切る「ヘテムル」

  • 初期事務手数料: 無料
  • サーバー代: 12ヶ月契約 月額1,925円
  • ドメイン代: 499円(ムームードメインで.com取得)
  • 転送量: 無制限40TB/月
  • 容量: SSD500GB

年間23,599円でホームページを持てます。

海外にも強い「mixhost」

  • 初期事務手数料: 無料
  • サーバー代: 968円
  • ドメイン代: 1,628円
  • 転送量: 無制限
  • 容量: 無制限

年13,244円でホームページを持てます。

稼働率99.999%の安定感が魅力な「カゴヤ・ジャパン」のWordPress専用サーバー

  • 初期事務手数料: 無料
  • サーバー代: 440円
  • ドメイン代: 無料(.comをカゴヤ・ドメインで取得)
  • 転送量: 無制限
  • 容量: SSD20GB

年5,280円でホームページを持てます。

広告がない無料サーバー「シンクラウド for Free」

  • 初期事務手数料: 無料
  • サーバー代: 無料
  • ドメイン代: 1,180円(シン・ドメインで.com取得)
  • 転送量: 900GB/日
  • 容量: SSD10GB

年1,180円でホームページを持てます。

サポート付きの無料サーバー「XREA」

  • 初期事務手数料: 無料
  • サーバー代: 無料
  • ドメイン代: 750円(バリュードメインで.com取得)
  • 転送量: 5GB/日
  • 容量: SSD10GB

年750円でホームページを持てます。

WordPressが使えるレンタルサーバーの選び方

そもそもWordPressやサーバーを使った経験がなければ、サーバーの選び方がわからないですよね。

  • 何を良し悪しの基準にすればいいの?
  • 機能や性能の優先順位はなんだろう?

3つのポイントを抑えておけば、最適なサーバーを選べます。

サーバー利用経験がないなら申込時に簡単に始められるサーバーを選ぼう

まずは、ホームページやブログを確実に始めなければサーバーを借りる意味がありません。できるだけ簡単に始められるサーバーを選びましょう。

サーバー利用経験がないなら、申込時にWordPressをすぐに使える状態にしてくれるサーバーにしてください。

  • ConoHa WING
  • エックスサーバー
  • ロリポップ!
  • ラッコサーバー
  • カラフルボックス
  • シンレンタルサーバー
  • mixhost

これらのサーバーは、WordPressの設置もドメインの取得も申込時に完了します。迷ったら、この中から選ぶのがおすすめです。

法人ホームページやアフィリエイト運営なら稼働率99.99%以上の安定サーバーにする

サーバーの稼働率は、ホームページやサイトの安定感に直結しています。安定感は、信頼失墜を避けたい法人ホームページの運営や、収益を稼ぎたいアフィリエイトサイトの運営に非常に重要です。

稼働率99.99%以上また、同数の品質保証(SLA)を提供するサーバーを選びましょう。

  • ConoHa WING
  • エックスサーバー
  • ロリポップ!
  • iCLUSTA+
  • さくらのレンタルサーバ
  • ヘテムル
  • お名前.comレンタルサーバー
  • mixhost
  • カゴヤ・ジャパン

もちろん、他のサーバーが悪いわけではありません。しかし、上記サーバーは稼働率の公開や保証で高い安定性を確認できるので安心です。

コストと品質はいくらか相関することを忘れない

サーバーの保守管理には必ず維持費がかかります。サーバー本体やソフトウェア、加えて人件費も。ですから、高品質なサーバーを提供しようとすれば、ある程度のコストがかかるはずです。

コストと品質はいくらか相関することを忘れないでください。

価格だけで選ぶと、性能や安定性、あるいはサポートなど、どこかに不満が出る可能性があります。個人の利用なら年間5,000円から10,000円程度のサーバーがおすすめです。

まとめ

制作依頼したホームページの内容を確認するキャリアウーマン

WordPressが使えるレンタルサーバー19社を比較しました。迷ったら、ConoHa WINGがおすすめです。弊社も現在ConoHa WINGを使っています。

  • 初期事務手数料: 無料
  • サーバー代: 12ヶ月契約 月額941円
  • ドメイン代: 3ヶ月以上の契約で契約中無料
  • 転送量: 無制限
  • 容量: SSD300GB

年間11,292円でホームページを持てます。