PR

優れたコスパと安心感があるカラフルボックスの評判とWordPressの始め方

レンタルサーバー

多機能ながらコスパを追求している新進気鋭なサーバー。

2018年にスタートしたカラフルボックスは、比較的新しい国内サーバーです。セキュリティやバックアップなどで優れた機能を提供しながら、コストを安く抑えています。もっともっと広まってほしいサーバーです。

ただ、デメリットもあります。この記事では、カラフルボックスの評判とWordPressの始め方を知りましょう。

カラフルボックスの評判:コスパに優れた高速サーバー

カラフルボックスには、8つのプランが用意されており、必要な機能とスペックを選べます。無駄なコストを払う必要がありません。

国内の大手サーバーに負けない多機能なサーバーです。

  • 初期事務手数料: 無料
  • サーバー代: 638円
  • ドメイン代: 無料(12ヶ月以上契約)
  • 転送量: 6TB/月
  • 容量: SSD150GB

年7,656円でホームページを持てます。

カラフルボックスの5つの特徴

豊富なプランでニーズに合うサーバーを使える

カラフルボックスは、8つのプランがあります。プランを上げるごとに、デイスク容量、仮想CPUやメモリなどのスペックが強化されていきます。

下位プランを使えば、費用を抑えられます。いつでもプランアップできるため、ホームページやブログを始めるなら、最初はBOX1がおすすめです。国内大手サーバー内でも安く使えます。次の条件で比較しました。

  • 初期事務手数料
  • サーバーを12ヶ月契約
  • ドメイン代1年分の費用
  • WordPressを使える最安値プラン
サーバー会社1年間の合計費用
カラフルボックス7,656円
ConoHa WING11,292円
エックスサーバー10,560円
ロリポップ5,016円
さくらのレンタルサーバ9,390円
2024年5月10日時点

ロリポップがカラフルボックスより安いものの、バックアップ機能がないプランなので、ここはカラフルボックスがより優れています。スペックや機能と料金をトータルで考えると国内他社に負けないコスパです。

災害リスクに備えた地域別バックアップ体制

カラフルボックスは東京と大阪にサーバーを持っています。一方をメインで使い、他方をバックアップ体制にする地域別自動バックアップ体制を整えています。

単に別データを保管するだけでなく、離れた場所にデータを保管させることにより災害による物理的なデータ消失を避けられます。

安いサーバーは、バックアップが有料提供される場合が多いです。安くても、高機能なバックアップ体制が用意されているのは安心です。

充実したセキュリティ機能

カラフルボックスはセキュリティ機能に力を入れています。

高機能な「Imunify360」を導入し、新しいタイプのサイバー攻撃にも備えられます。不正アクセスや情報流出を防ぐ仕組みがあって安心です。

CDNで高速化とアクセス増加に対応できる

カラフルボックスはCDNを使えます。

CDNでホームページを高速化できるので、ホームページを見る人もストレスなく見れて快適です。また、CDNのおかでアクセスが急増してもサーバーが処理できずパンクしてしまうことも避けられます。

月額料金は440円からです。CDNはホームページのアクセスが月間数万ページを超えたり、バズで1時間の表示回数が数千ページを超えたなら検討するのがおすすめです。

全プラン電話サポート対応

カラフルボックスは全プランで電話サポートが使えます。下位プランのBOX1も使えます。

電話サポートがあれば、契約や申し込みに関するサポートをしてもらえ安心です。技術的なサポートはスクリーンショットがないと難しい場合もあるため、メールサポートへ案内されることがあります。

カラフルボックスは稼働率が公開されていない

あえてデメリットをあげるなら、カラフルボックスは稼働率が公開されていません。どれだけ安定しているか数値で正確に把握できないため、不安になるのが正直なところです。

ただし、充実したバックアップ機能と高度なセキュリティが導入されていることを考えると、あまり不安視しなくても大丈夫です。

そして、カラフルボックスは公式サイトの「障害・メンテナンス情報」でサーバー障害の発生を隠さず報告しています。誠実です。

カラフルボックスに似ているサーバー2社と比べる

カラフルボックスと特徴が似ているサーバー2社と比べましょう。似ているとはいえ、スペックや機能に細かな違いがあるため、しっかり比べるなら最適なサーバーを選べます。

mixhost

mixhostは、カラフルボックスと共通点の多いサーバーです。例えば、WebサーバーにLiteSpeedを導入したり管理パネルにcPanelを採用していたりします。

カラフルボックス以上の強みは、海外に強いことです。アメリカ西海岸サンノゼにホームページを設置できます。物理的距離が近いため、アメリカからのアクセスは、国内サーバーに設置するより早くて快適です。アメリカにある企業と取引している会社は、mixhostを選ぶのは良い選択肢の1つです。

ただ、全体的な価格はカラフルボックスより高め。コスパを考えるならカラフルボックスをおすすめします。

比較項目カラフルボックスmixhost
初期事務手数料無料無料
サーバー代 12ヶ月契約月額638円月額968円
※契約更新から月額2,178円
ドメイン代.com 永年無料
※12ヶ月以上契約
.com 1,628円
転送量6TB/月無制限
容量SSD150GBSSD無制限
年間費用7,656円13,244円

シンレンタルサーバー

シンレンタルサーバーは、カラフルボックスと価格帯が近いです。下位のベーシックプランから最上位のビジネスプランは、カラフルボックスで言うBOX1からBOX5に近く、個人から法人まで最適なサーバーが利用できます。

メールサポートの返信は24時間以内を約束しており、ホームページ運用の強い味方になってくれます。

シンレンタルサーバーに勝るカラフルボックスの強みは、サーバーが東京と大阪にあり、どちらをメインにするか選べること。通常はより人口の集中する東京サーバーを選び、大勢の人が速く快適に使えるようにしますが、大阪近郊の企業ホームページや周辺ポータルサイトを作るなら、大阪サーバーを選ぶと快適です。

加えて2地域にサーバーを持つことでバックアップ体制が強化されています。

このあたりを比較して選びましょう。

比較項目カラフルボックスシンレンタルサーバー
初期事務手数料無料無料
サーバー代 12ヶ月契約月額638円月額440円
※キャンペーンで半額分をキャッシュバック中
ドメイン代.com 永年無料
※12ヶ月以上契約
.com 永年無料
※サーバー契約中
転送量6TB/月900GB/日
容量SSD150GBSSD300GB
年間費用7,656円5,280円

今すぐカラフルボックスでWordPressのホームページを始める4ステップ

カラフルボックスでホームページを始めよう!
  • STEP.1
    公式サイト カラフルボックス にアクセス

    「まずは30日間無料お試し」をクリックしてください。

  • STEP.2
    サーバー申込みとドメイン取得

    リージョンを選びます。こだわりがなければ「レンタルサーバー【東日本】」をおすすめします。

    サーバーの選択でプランを選びましょう。BOX1がおすすめです。いつでもBOX2にプランアップできます。

    ドメイン名を決めます。「新規登録するドメインを使用する」に好きな文字列を入力してください。ドメインを検索し、利用可能なら「次へ」をクリックします。

    オプション設定の「WordPress快速セットアップ」では、必ず「WordPress自動インストール」を選びましょう。これを使うとWordPressのホームページを始めるのが圧倒的に簡単になります。

    WordPressに必要な情報を入力します。

    • サイトのタイトル:何でもOK
    • ユーザー名:何でもOK
    • パスワード:できる限り複雑に

    作成サイト名は、あとから変更できます。考えていなければ適当に入力してください。

    WordPressユーザー名/WordPressパスワードは重要です。メモしてください。WordPressで作ったホームページにログインするために必要になります。

    入力できたら「次へ」をクリックします。

    ドメイン設定・構成で「whois情報公開代行」を選択できます。ドメイン取得者の名前や住所が表示されるかどうかを選べます。法人なら公開したほうがいいです。個人なら考えて決めましょう。チェックをいれると、代わりにカラフルボックスの情報が公開されることになります。決めたら「次へ」進みます。

    名前や住所などのユーザー情報と支払い情報を入力してください。入力内容に問題がなければ、「注文を確定する」をクリックします。

    仮登録メールが届けば、サーバー申込みとドメイン取得は完了です。

  • STEP.3
    WordPress初期設定

    申込完了後、「https://取得したドメイン名/wp-admin/」にアクセスしてください。WordPressの管理画面に飛びます。

    サーバー申込み時のユーザー名とパスワードを使ってWordPressにログインします。ログインして「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示されたら、しばらく待ちましょう。まだDNSが反映されていません。数時間おきにアクセスしてみましょう。

    WordPressにログインしたら、パーマリンク設定をしましょう。WordPress管理画面の「設定」から「パーマリンク設定」に進みます。「投稿名」を選びましょう。選択したら「変更を保存」してください。

    「投稿名」にすると、記事を投稿する際のURLに好きな文字列を入力できるようになります。記事内容をイメージできる短い文字列にすると、ホームページを見る読者が見やすいのでおすすめです。長すぎると「あぶないサイトなのでは?」と不安になる人もいます。

  • STEP.4
    プラグイン導入

    再びWordPress管理画面に戻り「プラグイン」から「新規追加」に進み、必要なプラグインを導入します。

    導入したいプラグインを検索で見つけたら、「今すぐインストール」し「有効化」してください。その後は、それぞれのプラグインの説明に沿って進めましょう。

    セキュリティ、バックアップのプラグインは必ず導入してください。

    プラグインも導入できたら、これでWordPressホームページの準備万端です!

まとめ

カラフルボックスは、コスパに優れています。稼働率が公開されていないとはいえ、セキュリティとバックアップ体制に力を入れているため安心して使えます。30日間の無料お試し期間があります。ぜひお試しください。