PR

稼働率100%月額1,000円台からのiCLUSTA+の評判とWordPressの始め方

レンタルサーバー

安心して任せられる法人向けサーバーを手頃な価格で。

GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社が運営するiCLUSTA+は、法人にありがたいスペックと機能が満載です。個人も利用できます。しかし、法人にとって痒いところに手が届く充実したサービスは、法人がサーバーを探すときに第一候補になるでしょう。コスパに優れいているため、小規模な法人も利用しやすいサーバーです。

ただ、デメリットがないわけではありませんし、多機能・超ハイスペックを求めるなら他のサーバーも考える余地があります。この記事では、iCLUSTA+の評判や特徴を正直に、そしてWordPressを始める手順をわかりやすく解説しました。

iCLUSTA+の評判:月額1,000円台の低価格な法人向けサーバー

iCLUSTA+は、低価格な法人向けサーバーです。月額1,000円台からホームページやメール機能を使えるサーバーを利用できます。

もちろん安いからと言って、提供サービスが悪いわけではありません。稼働率100%が証明するように、高品質なサーバーです。

  • 初期事務手数料: 5,000円
  • サーバー代: 月額1,130円
  • ドメイン代: 2,255円
  • 転送量: 無制限
  • 容量: SSD300GB

1年目は21,550円でホームページを持てます。

iCLUSTA+の5つの特徴

稼働率100%が保証されている

iCLUSTA+最大医の特徴が安定感です。SLAで稼働率100%が保証されています。実績が気になるはずです。こちらのページで公開されています。

引用: https://shared.gmocloud.com/iclusta/stability/

「4月は99.919%じゃないか」と思えますが、正直に公開しているあたり誠実で信頼できるサーバーだとも言えます。実際、どれくらいサーバー停止したとかというと、2024年4月は30日間で約35分です。停止は停止ですが、わずかですね。

また、SLAでは稼働率100%を保証しているため、2024年4月の場合は、対象条件に基づき利用料金の10%が返金されます。微々たる返金ですが、ここにも企業としての誠実さを感じます。

無料の電話サポートと夜間休日祝日のメール・FAXサポート

iCLUSTA+は、全プランで無料の電話サポートを受けられます。平日10時から18時です。これに当たらない時間外の夜間休日祝日は、技術的なメールサポートに常時対応しています。

時間外のメール・FAXサポートは、技術的な問い合わせに対応してくれます。そのため、サーバー利用中に技術的な問題が起きても困ることはありません。

見積もりや請求書も発行できる

法人は会計上の観点で、見積書や請求書を必要とする場合があります。iCLUSTA+は見積もりフォームで見積書を受け取れます。

また、新規契約時の銀行振込・口座振替など条件に合う場合は、請求書を発行できます。

領収書は、ATM等からの利用明細など、それに代わる書類を各支払いに基づき保管します。

メール機能が充実

iCLUSTA+はメール機能が充実しています。

メールアドレス数は無制限です。さらに、契約時にはウェブとメールの容量を自由に決められます。ウェブは、ホームページ関連です。メール容量を多めに設定したいなら、ミニプランの場合は最大119GBまで割り当てられます。

ただ、マルチドメインの利用やメーリングリスト作成は、どちらも月額220円で有料です。メーリングリストで社内への一斉配信を考えているなら、追加費用がかかることを覚えておきましょう。

独自SSLのアルファSSLが無料

iCLUSTA+はアルファSSLが無料で使えます。無料独自SSLといえば、Let’s Encryptが有名です。アルファSSLは、通常月額6,600円かかる、より信頼性の高いSSL証明書です。

正直に伝えるiCLUSTA+のデメリット

iCLUSTA+は法人向けな良いサーバーですが、デメリットもあります。

基本料金10%分のサーチャージ費が発生する

基本料金にプラスしてサーチャージ費が発生します。現時点では10%ですが、今後どうなるか分かりません。昨今の世界経済を見て、値上がりの不安は否めません。

バックアップは有料オプション

iCLUSTA+はバックアップに費用がかかります。

ミニプランの場合、月額770円です。正直もう1台のサーバーを借りられるくらいの費用で、高いです。7世代分のバックアップを容量無制限で保管できるため、スペックとしては素晴らしいのですが。

ただ、ホームページにWordPressを選べば、バックアップ系WordPressプラグインを導入すればバックアップと復元を自分で行えます。費用はかかりません。

iCLUSTA+の競合サーバー2社と比べる

カゴヤ・ジャパン

カゴヤ・ジャパンもiCLUSTA+同様に高稼働率なサーバーで安定しており、法人に支持されています。

カゴヤ・ジャパンのレンタルサーバー「ライト1コア/4GB」プランは、月額料金1,485円で利用できます。バックアップ機能があるため、iCLUSTA+のサーバー代と比較すると安く始められるのがメリットです。2年目以降はiCLUSTA+が安いです。

ただし、ライト1コア/4GBプランは回線帯域が100Mbpsと制限されているため、サーバーの速度に不安が残ります。また、利用できるSSLは無料独自SSLのLet’s Encryptです。アルファSSLを使えるiCLUSTA+が嬉しいですね。

金額と機能を比較して慎重に選ぶ2社です。

比較項目iCLUSTA+カゴヤ・ジャパン
レンタルサーバー1コア/4GBプラン
初期事務手数料5,000円無料
サーバー代 12ヶ月契約月額1,130円月額1,485円
ドメイン代1年.com 2,255円.com 無料
※カゴヤ・ドメインで取得
転送量無制限無制限
容量SSD 300GBSSD100GB
年間費用21,550円(2年目以降は、16,550円)17,820円
主にWordPress専用サーバープランを解説

エックスサーバービジネス

国内大手のエックスサーバービジネスは、iCLUSTA+に比べると料金が高いです。初期費用が16,500円かかります。月額料金も12ヶ月契約で4,180円と、iCLUSTA+の4倍近い費用がかかります。

稼働率99.99%が保証されていますし、10Gbpsの高速回線でサーバーがつながっています。ホームページやメールもサクサクと快適に表示できるスペックです。さらに、14日間の自動バックアップ機能が備わっています。iCLUSTA+のように追加料金を支払う必要がありません。

ただし、iCLUSTA+のように無料で有償独自SSLが利用できるわけではありません。有償のクラウドSSLの場合、月額880円がかかります。近年、SSLはホームページのセキュリティとして当然なものとなっています。非常に重視されているため、有償のアルファSSLが無料で使えるiCLUSTA+は優れていると言えますね。

コストを抑えたいなら、まずはiCLUSTA+から検討できます。

比較項目iCLUSTA+エックスサーバービジネス
初期事務手数料5,000円16,500円
サーバー代 12ヶ月契約月額1,130円月額2,926円
※キャッシュバックキャンペーン適用
ドメイン代1年.com 2,255円.com 無料
※エックス・ドメインで取得
転送量無制限無制限
容量SSD 300GBSSD NVMe300GB
年間費用21,550円(2年目以降は、16,550円)51,612円(2年目以降は50,160円)
通常のエックスサーバーを解説

今すぐiCLUSTA+でWordPressのホームページを始める7ステップ

iCLUSTA+でホームページを始めよう!
  • STEP.1
    公式サイト レンタルサーバー「iCLUSTA+ byGMO」 にアクセス

    「30日間全額保証付きお申込み」をクリックします。

  • STEP.2
    サーバー申込み

    プランを選びます。iCLUSTA+ ミニがおすすめです。必要に応じ後から上位プランにスペックアップできます。まずは安いミニから始めましょう。

    契約期間は24ヶ月がお得ですが、まずは1ヶ月払いでも問題ありません。

    ディスク容量設定は、そのままで構いません。ホームページは容量をあまり使いません。メールを使う予定なら、メール容量に割り振る量を最大限に増やす方が損しません。

    オプションサービスで、MySQLを選んでください。データベースのMySQLは、WordPressを始めるのに必要です。

    「次へ進む」をクリックします。

    ドメインを選びます。「新規にドメイン名を取得する」を選びましょう。欲しいドメインの文字列を入力し、検索してください。

    「.com」「.co.jp」などのルートドメインを選べます。ルートドメインによって、取得費用と更新費用が変わります。どれを選ぶか迷ったら、法人ならできるだけ「.co.jp」をおすすめします。個人なら「.com」「.net」がおすすめです。多くの人が見慣れたドメインなので、不審に思われにくくアクセスしてもらいやすくなります。

    希望するドメインにチェックを入れ、「お申し込みへ進む」をクリックします。

    「次へ進む」をクリックします。お客様情報を入力しましょう。「初めてお申し込みをされるお客さま」の「続ける」を選びます。

    会社名や名前や住所など、必要事項を入力します。支払い情報も入力します。すぐにホームページを作れるクレジットカード払いがおすすめです。

    プライバシーポリシーと個人情報に関する事項について読み同意できるなら、「上記に同意して次へ」をクリックします。

    申込内容をあらため全て確認し、申し込んでください。

    お申込み内容で「初めてご利用の方」はメールアドレスとパスワードを設定します。利用規約、プライバシーポリシーに同意し、「次へ進む」をクリックします。

  • STEP.3
    データベースの作成とWordPressのインストール

    PlanManagerのデータベースから「インスタンス新規追加」をクリックします。次の情報を設定します。

    • インスタンス設定 バージョン: そのままでよい
    • インスタンス設定 パスワード: 自動設定させる
    • インスタンス設定 コメント: 空欄で良い
    • 管理ユーザー: そのままでよい
    • データベース新規追加 データベース名: そのままでよい

    「保存」すると、インスタンスを作成しました、と表示されます。

    続いて、WordPressのインストールです。PlanManagerの「アプリケーション」の「アプリインストーラー」をクリックします。

    WordPressを選び、「インストール設定に進む」をクリックします。次のように設定します。

    • インストール先ディレクトリ: なんでもよい
    • MySQLデータベース: 先ほど作成したインスタンスとデータベースを選ぶ。テーブル接頭辞はそのままでよい
    • PHPのバージョン: そのままでよい
    • 利用規定: 読んで同意できるなら「承諾する」にチェックを入れる

    全てのを入力したら、「インストール開始」をクリックします。

    インストールできたら初期設定です。「初期設定に進む」をクリックします。次の設定をします。

    • サイトのタイトル: 何でも良い。後から簡単に変更できる
    • ユーザー名: なんでもよい。ただし、変更は手間がかかる
    • パスワード: できるだけ複雑に。後から簡単に変更できる
    • メールアドレス: 普段使いのメール。法人はホームページ管理者の法人用メールがおすすめ
    • 検索エンジンで表示: 公開したいならチェックする

    全て入力したら、「WordPressをインストール」をクリックします。

    メールアドレスとパスワードは、WordPressのログイン時に使います。必ずメモしましょう。登録内容を確認したら「作成する」をクリックしてください。

  • STEP.4
    WordPress基本設定

    「一覧へ移動する」をクリックします。WordPressの一覧が表示されるので、先ほどWordPressをインストールしたドメインの管理画面「ログイン」をクリックします。

    表示されるWordPressログイン画面に、先ほどインストール時に設定したユーザー名/パスワードを入力し「ログイン」します。

    WordPressにログインしたら、パーマリンク設定をしましょう。WordPress管理画面の「設定」から「パーマリンク設定」に進みます。「投稿名」を選びましょう。選択したら「変更を保存」してください。

    「投稿名」にすると、記事を投稿する際のURLに好きな文字列を入力できるようになります。記事内容をイメージできる短い文字列にすると、ホームページを見る読者が見やすいのでおすすめです。長すぎると「あぶないサイトなのでは?」と不安になる人もいます。

  • STEP.5
    プラグイン導入

    再びWordPress管理画面に戻り「プラグイン」から「新規追加」に進み、必要なプラグインを導入します。

    導入したいプラグインを検索で見つけたら、「今すぐインストール」し「有効化」してください。その後は、それぞれのプラグインの説明に沿って進めましょう。

    セキュリティ、バックアップのプラグインは必ず導入してください。

    プラグインも導入できたら、これでWordPressホームページの準備万端です!

まとめ

iCLUSTA+は法人向けのレンタルサーバーです。稼働率100%と安定しながら、月額1,000円台から始められます。法人向けとしては非常に安いため、費用を抑えたい法人の方はぜひお試しください。