PR

広告なし無料サーバーのシンクラウド for Freeの評判とWordPressの始め方

レンタルサーバー

無料なのに広告表示もないありがたすぎるサーバー。

シンクラウド for Freeは無料サーバーです。無料サーバーにありがちな広告表示はゼロ。一切ありません。だからこそデメリットが気になります。

この記事では、シンクラウド for Freeの評判とデメリットからWordPressの始め方まで詳しく解説しました。

シンクラウド for Freeの評判:有料サーバー級な無料サーバー

シンクラウド for Freeは、公式サイトが言うとおり、まさに有料サーバー級です。広告表示がなくても、ホームページを公開するのに必要な最低限の容量や機能が確保されているからです。しかも、セキュリティは高価な有料サーバー級です。

安心してホームページを作れる無料サーバーです。

  • 初期事務手数料: 無料
  • サーバー代: 無料
  • ドメイン代: 1,180円(シン・ドメインで.com取得)
  • 転送量: 900GB/日
  • 容量: SSD10GB

年1,180円でホームページを持てます。

シンクラウド for Freeの4つの特徴

広告がない

無料サーバーでは広告表示されるのが一般的な中、シンクラウド for Freeは広告表示がありません。

それで、広告表示によって会社ホームページの雰囲気を損なうことも、自身の広告収益が少なくなるようなこともありません。

WordPressのホームページを5個作れる

シンクラウド for Freeは、データベースを5個まで作れるため、WordPressのホームページを5個作れます。

会社ホームページ以外にブログを作ったり、複数ジャンルのWebサイトを作ったりできます。

無料SSLが使える

シンクラウド for Freeは無料SSLが使えます。SSLは今や当たり前のセキュリティ。これが設定されていないと、あやしいWebサイトと思われることもあるため、ホームページ作りには欠かせません。

高度セキュリティのWAFが使える

シンクラウド for Freeは、WAFを使えます。これは、高度なセキュリティです。有料サーバーでも利用できない有料オプションとして提供される場合があるほど高度なセキュリティ。

これも無料で提供されます。

もちろん、WAFが提供されないサーバーでもセキュリティ系WordPressプラグインを導入すれば、WAFは設定できます。ただ、手順は手間ですし、サーバー側でやってくれたら安心ですよね。

正直に伝えるシンクラウド for Freeのデメリット

メリットが多いシンクラウド for Freeですが、残念なデメリットもあります。

サポートがない

まず、シンクラウド for Freeはサポートを受けられません。どんなに難しくても困っても自力で解決しなければなりません。

同じ無料サーバーのXREAはチャットサポートが付いています。比較すると残念ですよね。

バックアップ機能がない

さらにバックアップ機能がありません。WordPressプラグインを活用するなどして、自力でバックアップする仕組みを構築しなければなりません。

面倒だからとバックアップせず、ご操作でデータを消してしまったりデータを改ざんされてしまったりしたら、これまでの努力が水の泡です。

それでもシンクラウド for Freeを使うなら、バックアップ系WordPressプラグインを必ず導入してください。

稼働率非公開

シンクラウド for Freeは稼働率が公開されていません。そのため、サーバーの安定性は未知数です。ユーザーは正確に把握でできません。

サーバーの安定性はホームページの安定した表示に直結します。もしサーバーが度々トラブるために、ホームページが度々表示されないとしたら意味がありません。会社ホームページであればイメージを損ないますし、商談やビジネスチャンスを失う結果につながりかねません。

シンクラウド for Freeに似ているサーバー2社と比べる

シンクラウド for Freeと同じ国内の無料サーバーを比較しました。それぞれ持ち味が違うので、しっかり比べましょう。

XREA

XREAは、15世代の自動バックアップ機能が付いた無料サーバーです。そのうえチャットサポートもあります。WordPressやホームページの経験がなくても、安心してホームページの運用を始められます。

ただし、WAFなどの高価なセキュリティはありませんし、広告が表示されます。

シンクラウド for Freeと比較すると甲乙つけがたいサーバーです。

比較項目シンクラウド for FreeXREA
初期事務手数料無料無料
サーバー代 12ヶ月契約無料無料
ドメイン代.com 1,180円
※シンドメインで取得
.com 750円
※バリュードメインで取得
転送量900GB/日5GB/日
容量SSD10GBSSD10GB
年間費用1,180円750円

スターサーバーフリー

スターサーバーフリーも、国内で有名な無料サーバーです。

比較項目シンクラウド for Freeスターサーバーフリー
初期事務手数料無料無料
サーバー代 12ヶ月契約無料無料
ドメイン代.com 1,180円
※シンドメインで取得
.com 980円
※シンドメインで取得
転送量900GB/日非公開
容量SSD10GBSSD2GB
年間費用1,180円980円

今すぐシンクラウド for Freeでホームページを始める7ステップ

2024年5月現在、シンクラウド for Freeはサーバー移転による申込み以外は受け付けておりません。

シン・クラウド for Freeでホームページを始めよう!
  • STEP.1
    公式サイトにアクセス

    トップページをスクロールし、真ん中あたりの「無料サーバーアカウント作成」をクリックします。

  • STEP.2
    シン・アカウント登録

    「すぐにスタート!新規お申込み」をクリックし、名前や住所などの会員情報を入力します。内容に間違いがなければ「利用規約」「個人情報の取り扱いについて」に同意するにチェックします。「次へ進む」をクリックします。

    メール認証を済ませ、申込内容を再確認したら「この内容で登録しサーバー申し込みへ進む」をクリックします。

    サーバーIDを確認し、「利用規約」「個人情報の取り扱いについて」にチェックを入れ、「お申し込み内容を確認する」をクリックしてください。

    再度、申込内容を確認し「申し込む」をクリックするとシン・アカウントが登録できます。お知らせメールが届きます。

    ドメインを選択できたら、「WordPress同時インストール」にチェックを入れましょう。

    「次へ進む」をクリックします。

  • STEP.3
    シン・ドメインでドメインを取得する

    シン・アカウントにログインします。「ドメイン取得」をクリックします。

    欲しいドメインを取得します。おすすめは、「.com」「.net」などの有名なドメインです。更新料も2,000円未満と手頃です。

    「取得したいドメイン名を入力」に、欲しいドメインを入力し検索します。取得したいドメインにチェックボックスを入れ、「取得手続きに進む」をクリックします。

    支払い情報を選び、「お申込み内容の確認」をクリックします。クレジットカード情報などを入力してください。

    申込内容を確認し、「シン・ドメイン利用規約」「個人情報の取扱について」に同意し、「申し込む」をクリックします。申込内容がメールに届きます。届いたら完了です。

  • STEP.4
    ドメイン登録

    シン・クラウド for Freeのサーバーパネルにログインシアmす。

    「ドメイン設定」を選び、「ドメインを追加」をクリックします。取得したドメイン名を入力し、「追加する」をクリックします。

  • STEP.5
    WordPressのインストール

    シン・クラウド for Freeのサーバーパネルで「WordPress」の「WordPress簡単インストール」と進み、「新規インストール」をクリックしてください。

    WordPressの設定をしましょう。

    • 対象ドメイン: 先ほど登録したドメイン
    • サイトURL: 対象ドメインと同じ
    • ブログ名: 何でもOK。後から簡単に変更できる
    • ユーザー名: 何でもOK。後から変更するのは手間
    • パスワード: 何でもOK。できるだけ複雑に
    • メールアドレス: 普段使いのメールアドレス
    • キャッシュ自動削除: ONがおすすめ
    • データベース: 自動生成にする
    • テーマ: Cocoonがおすすめ。本サイトもCocoonです
    • テーマオプション: 子テーマをインストールするにチェック

    入力できたら、「インストールする」をクリックします。

    ユーザー名とパスワードは、WordPressのログイン時に使います。必ずメモしましょう。

    インストールが完了したら「ログイン」してください。

  • STEP.6
    SSL設定

    サーバーパネルの「ドメイン「から「SSL設定」を開きます。

    WordPressを設定したドメイン名を開き、SSL設定状況のスライドボタンを「ON」にしてください。1時間ほどで反映されます。

  • STEP.7
    プラグイン導入

    びWordPress管理画面に戻り「プラグイン」から「新規追加」に進み、必要なプラグインを導入します。

    導入したいプラグインを検索で見つけたら、「今すぐインストール」し「有効化」してください。その後は、それぞれのプラグインの説明に沿って進めましょう。

    セキュリティ、バックアップのプラグインは必ず導入してください。

    プラグインも導入できたら、これでWordPressホームページの準備は完了です。

まとめ

シンクラウド for Freeは広告がない無料サーバーです。便利に使えます。会社ホームページや趣味のブログ作など使い方は様々です。ただし、サポートがないので、困った時はマニュアルをしっかり読んで解決していきましょう。