PR

格安でホームページを作れるリトルサーバーの評判とWordPressの始め方

レンタルサーバー

500mlペットボトル1本分でホームページを作れる。

リトルサーバーは格安サーバーです。最安値のミニプランなら月額165円から提供されています。でも安いだけでなく、WordPressを使えますし、メール機能も用意されています。「サーバー代を抑えたい」と考える人の良い選択肢です。

この記事では、リトルサーバーの評判や特徴からWordPressの始め方まで解説しました。

リトルサーバーの評判:WordPressが使える格安サーバー

リトルサーバーは格安でWordPressを使えることが評判です。安価なため、気軽に始められます。最安値ミニプランは機能制限が多いもののの、それでも十分使えるレベルです。

  • 初期事務手数料: 1,012円
  • サーバー代: 165円
  • ドメイン代: 無料(.comをムームードメインで取得)
  • 転送量: 30GB/日
  • 容量: SSD NVMe20GB

年2,992円でホームページを持てます。

リトルサーバーの5つの特徴

料金が安い

リトルサーバーは料金が安いです。初期費用が発生するものの、月額料金がやすいためホームページ運用にかかる年間維持費は大手サーバーに比べ遥かに安いです。次の条件で比較しました。

  • 初期事務手数料
  • サーバーを12ヶ月契約
  • ドメイン代1年分の費用
  • WordPressを使える最安値プラン
サーバー会社1年間の合計費用
リトルサーバー2,992円
ConoHa WING11,292円
エックスサーバー10,560円
ロリポップ5,016円
さくらのレンタルサーバ9,390円
2024年5月10日時点

大手でも安いロリポップと比べても、リトルサーバーの安さは群を抜いています。およそ6割ほどの費用しかかかりません。「サーバー代はできる限り抑えたい」と考えている人に持って来いなサーバーです。

WordPressが使える

安いサーバーは、WordPressが使えない場合があります。ロリポップやさくらのレンタルサーバなどの大手サーバーも最安値プランはWordPressが使えません。

でも、リトルサーバーは全プランでWordPressが使えます。WordPressなら、複数ページのホームページを作れますし、ホームページ内にブログを作ることも可能です。

複数サイトを運営できる

リトルサーバーは複数サイトを運営できます。最安値ミニプランも最大3個のWordPressを作れます。

会社のホームページに加え、自分の趣味ブログを作ることもできます。

自動バックアップ

リトルサーバーは7日間の自動バックアップ機能が使えます。

バックアップがあればセキュリティを突破されて問題が生じてしまった場合でも、ホームページを復元させられます。ユーザー側でバックアップの設定をする必要もありません。

復元の必要が生じたら、運営に連絡するだけです。

メールを使える

リトルサーバーは安くてもメールを使えます。独自ドメインのアドレスは、無制限に作れます。会社メールを作りたい企業には嬉しいですね。

リトルサーバーのデメリットは稼働率が公開されていないこと

リトルサーバーは稼働率が公開されていません。そのため、サーバーが安定しているかどうか、ユーザーは何も知ることができません。

サーバーが不安定だとホームページの表示も不安定になります。ホームページが度々表示されないとしたら、せっかくレンタルしているのにもったいないですよね。さらに、ホームページが見れない分、ビジネスを広げるチャンスを失っていることになります。

そう考えると、とても大事な稼働率。公開されていないので不安が残ります。

リトルサーバーに似ているサーバー2社と比べる

リトルサーバー同様に低価格でサーバーを提供している2社と比べました。

バリューサーバー

バリューサーバーとリトルサーバーは年間費用がほぼ同じです。転送量や容量に関しては、バリューサーバーが優れています。

ただし、下記料金のバリューサーバー まるっとプランは、WordPressを1つしか作れません。2つ目のサイトを作りたい場合は、新たにサーバーを契約しなければなりません。

比較項目リトルサーバーバリューサーバー
初期事務手数料1,012円無料
サーバー代 12ヶ月契約月額165円月額193円
ドメイン代.com 無料
※ムームードメインで取得
.com 750円
※バリュードメインで取得
転送量30GB/日150GB/月
容量SSD NVMe20GBSSD25GB
年間費用2,992円3,060円

スターサーバー

スターサーバーは、リトルサーバーに比べると少々値上がりします。しかし、サーバー容量や転送量は大幅に多いため、ホームページのアクセスが増えて成長するとありがたみを感じるはずです。

ただ、スターサーバーは自動バックアップ機能がありません。この点はリトルサーバーが優秀です。サーバー利用経験がない人やホームページを始めて運用する人に優しい仕組みになっています。

比較項目リトルサーバースターサーバー
初期事務手数料1,012円無料
サーバー代 12ヶ月契約月額165円月額275円
ドメイン代.com 無料
※ムームードメインで取得
.com 980円
※スタードメインで取得
転送量30GB/月1.5TB/月
容量SSD NVMe20GBSSD160GB
年間費用2,992円4,280円

今すぐリトルサーバーでWordPressのホームページを始める6ステップ

リトルサーバーでホームページを始めよう!
  • STEP.1
    公式サイト リトルサーバー にアクセス

    「無料お試しお申し込み」をクリックします。

    利用規約と個人情報の取り扱いに同意し、無料お試し期間の申込みに「はい」をクリックします。

  • STEP.2
    無料お試し期間の申込み

    名前や住所などのお客様情報を入力します。

    プランを選びます。おすすめはミニプランです。スペック不足等で必要が生じたらプランアップできます。

    サーバー情報の入力です。

    • ご希望ユーザーID: 何でもOK。変更できない
    • ご希望アカウント: 何でもOK。変更できない
    • パスワード: できるだけ複雑に。

    「次ページへ」をクリックし、内容を確認しましょう。問題なければ「上記の内容で送信」してください。

    連絡用メールアドレスに仮登録メールが届きます。次いで「お申し込み受付」という認証用メールが届きます。認証用アドレスをクリックし、認証できれば無料お試しの登録完了です。

  • STEP.3
    ムームードメインで独自ドメインを取得し、リトルサーバーでドメインを登録する

    ムームードメイン公式サイトを開き、「欲しいドメインを入力」にホームページのドメインとして使う文字列を入力し、「検索する」をクリックします。

    「.com」「.co.jp」などのルートドメインを選べます。ルートドメインによって、取得費用と更新費用が変わります。どれを選ぶか迷ったら、法人ならできるだけ「.co.jp」をおすすめします。個人なら「.com」「.net」がおすすめです。多くの人が見慣れたドメインなので、不審に思われにくくアクセスしてもらいやすくなります。

    希望するドメインかあらためて確認してください。間違いなければ「お申し込みへ」に進みます。

    ムームーIDを新規登録しましょう。ID(メールアドレス)とパスワードを入力し、「利用規約に同意して本人確認へ」をクリックします。

    SMS認証で本人確認を完了させてください。

    ドメイン設定その他の申込みです。ドメイン設定は次のようにしましょう。

    • WHOIS公開情報: 法人なら情報を公開、個人なら「弊社の情報を代理公開」がおすすめ
    • ネームサーバ(DNS): GMOペパボ以外のネームサーバを使用する

    WHOIS情報を公開すると、ドメインを取得した人つまり管理者の名前や住所などが公開されます。個人情報がオープンになるため、法人や個人事業主以外は代理公開を選びたいかもしれません。

    リトルサーバーのネームサーバーは次の2つです。2つとも指定してください。

    • ネームサーバー1: ns1.lsv.jp
    • ネームサーバー2: ns2.lsv.jp

    連携サービスやオプションサービス、ムームーメールなどを申し込む必要はありません。法人がメールを使いたいなら、リトルサーバーでメールを利用可能です。

    クレジットカード等で支払いましょう。「次のステップへ」をクリックし、広告はスルーして、ユーザー情報を入力します。名前や住所等を正しく入力したら「次のステップへ」に進みます。

    申込内容を確認し、「利用規約に同意します」にチェックを入れ、「取得する」をクリックしてください。これで、ドメインを取得できました。

    ムームードメインで取得したドメインを登録しましょう(つまり、リトルサーバーで使えるように設定しましょう)。

    あらためリトルサーバーのコントロールパネルに戻ってください。無料お試し期間で登録したユーザーIDとパスワードでログインします。

    各種設定の「ドメイン設定」をクリックします。ドメインを入力し、「ドメイン名のディレクトリを作成してパスとする」にチェックを入れ、「ドメインを追加する」をクリックしてください。

    これでリトルサーバーの独自ドメイン設定が完了しました。

  • STEP.4
    WordPressのインストール

    リトルサーバーのコントロールパネルの「各種設定」で「簡単インストール」をクリックします。WordPressの※超かんたん・初心者向けの「インストール」を選んでください。これを選ぶとデータベースを作る手間が省けます。

    WordPress情報を入力しましょう。

    • 使用データベース: そのまま
    • インストール先: そのまま
    • 表示アドレス: チェックを入れたままがおすすめ
    • サイト名: 何でも良い。後から簡単に変更できる
    • ユーザー名: 何でも良い。ただし変更は手間
    • パスワード: できるだけ複雑に。後から簡単に変更できる
    • メールアドレス: 普段使いのメール。法人はホームページ管理者の法人用メールがおすすめ

    ユーザー名とパスワードは、WordPressのログイン時に使います。必ずメモしましょう。

    「同意する」にチェックを入れ、「超かんたんインストール!」をクリックしてください。ログイン情報が表示されます。表示されたログインページをクリックし、ログインしましょう。

  • STEP.5
    WordPress初期設定

    表示されるWordPressログイン画面に、先ほどインストール時に設定したユーザー名/パスワードを入力し「ログイン」します。

    ※「このサイトにアクセスできません」と警告表示がされる場合は、DNS設定が反映されていません。これは待つしか内ため、数時間おきにログインを試しましょう。

    WordPressにログインしたら、パーマリンク設定をしましょう。WordPress管理画面の「設定」から「パーマリンク設定」に進みます。「投稿名」を選びましょう。選択したら「変更を保存」してください。

    「投稿名」にすると、記事を投稿する際のURLに好きな文字列を入力できるようになります。記事内容をイメージできる短い文字列にすると、ホームページを見る読者が見やすいのでおすすめです。長すぎると「あぶないサイトなのでは?」と不安になる人もいます。

  • STEP.6
    プラグイン導入

    再びWordPress管理画面に戻り「プラグイン」から「新規追加」に進み、必要なプラグインを導入します。

    導入したいプラグインを検索で見つけたら、「今すぐインストール」し「有効化」してください。その後は、それぞれのプラグインの説明に沿って進めましょう。

    セキュリティ、バックアップのプラグインは必ず導入してください。

    プラグインも導入できたら、これでWordPressホームページの準備万端です!

まとめ

リトルサーバーは格安サーバーです。デメリットはあるものの、最安値ミニプランでもWordPressのホームページを始める機能が備わっています。ぜひ使ってください。