CMSとは?Webサイトの管理システムを使うメリットと方法

ノートパソコンでCMSを使うキャリアウーマン 用語集

ホームページを作る方法の1つにCMSがあります。

この記事では、CMSとは何か、またそのメリットから使う方法まで解説しました。

CMSとは

CMS(コンテンツマネジメントシステム)とは、Webサイトのコンテンツを簡単に管理・公開するためのシステムです。

CMSを使えば、プログラミングの知識がなくても、テキストや画像などのコンテンツをWebサイトに追加、編集、削除できます。これにより、Webサイトの更新作業が簡単かつ迅速になります。

WordPressはCMSの1つ

WordPressは世界で最も広く使われているCMSの一つで、特にブログや中小規模のWebサイトに適しています。使いやすさ、豊富なテーマやプラグインによる高いカスタマイズ性が特徴です。

CMSのメリット

簡単な操作性

キーボードに入力する

ユーザーはWebサイトの更新や管理を直感的に行うことができます。

例えば、CMSを使用すると、WordやPagesのようなテキストエディタを使用する感覚でウェブページ上のテキストを編集できます。難しいプログラミング知識は必要ありません。

また、CMSでは、メディアライブラリを通じて画像や動画をウェブサイトに簡単に挿入できます。ファイルをアップロードし、記事やページにドラッグ&ドロップするだけで、メディアコンテンツを追加することができます。

デザインの柔軟性

テーマやテンプレートを使用して、コーディングの知識なしにWebサイトのデザインを変更できます。

機能の拡張性

プラグインやモジュールを追加することで、Webサイトに新しい機能を簡単に追加できます。

コスト削減

CMSを使えば、専門のWebサイト開発者に依頼するよりもコストを抑えてWebサイトを構築・管理できます。

ホームページ制作会社にホームページを依頼する場合、一般的には数十万円から百万円のコストがかかります。

もし自分でWordPressを制作できれば、コストを大幅に削減できます。

株式会社ファイナイトフィールドは、プロのデザイナーによる高品質なホームページを、年額1ページ1万円でホームページを制作しています。

CMSを使うための5ステップ

1.レンタルサーバーの選択

スマホを手にしながらパソコンを見、考える女性

Webサイトを公開するためには、ホスティングサービス(レンタルサーバー)を利用します。多くのホスティングサービスでは、WordPressの簡単なインストールがサポートされています。

2.ドメイン名の登録

Webサイトのアドレス(URL)となるドメイン名を選び、登録します。

3.CMSのインストール

レンタルサーバーのコントロールパネルから、WordPressなどのCMSをインストールします。

4.テーマの選択とカスタマイズ

CMSのデザインテーマを選び、Webサイトの見た目をカスタマイズします。

5.コンテンツの追加と管理

ページや投稿を作成して、テキストや画像などのコンテンツを追加します。

CMS利用時の注意点

セキュリティ

CMSは頻繁に更新されるため、セキュリティ対策として最新のバージョンに保つことが重要です。また、安全でないプラグインやテーマは使わないようにしましょう。

バックアップ

Webサイトのデータは定期的にバックアップを取り、万が一の時に備えましょう。

パフォーマンス

画像の最適化やキャッシュの利用など、Webサイトの読み込み速度を保つための対策を講じることが大切です。

CMSを使う費用

CMS自体は多くの場合無料で利用できますが、レンタルサーバーの利用料金、ドメイン名の登録料金、特定のプラグインやテーマの購入費用などがかかります。

また、セキュリティやバックアップのための追加サービスにも費用が発生することがあります。

まとめ

CMSを使うと、だれでもブログやホームページを始められます。

国内のレンタルサーバーでは、人気CMSのWordPressを簡単にインストールする機能が備わっている場合が多いです。レンタルサーバーをチェックし、WordPressをお試しください。